augは宇宙~dimはサスペンス!


コードネーム編の最後となりました。
スタートはこちらからです
↑↑↑


③ augとdim

aug→オーギュメント

dim→ディミニッシュ

…と読みます。





馴染むまで「アウ……オウギュ…メント?」
常に疑問形で言ってた私です(^。^;)


ディミニッシュは
デニッシュサンドが好きだから?
何か直ぐ覚えられたのですけど。





言い方も音も馴染みやすいdimから…




完全5度の説明の時に出て来た
減5度のシとファ

20190726081917e59.jpg  20190726081951734.jpg

(画像をクリックすると拡大されます)




このシとファを
そのまま使っているのが
Bdimです




これまで
コードネームをシンプルに覚える為に

根音(一番下の音)と第3音(真ん中の音)
この2音の音程だけを見ていましたが




dimとaugは
第3音と第5音(一番上の音)の
音程がポイントです。






dimは短3度と短3度






ついでにお話しするとaugは

長3度と長3度です。




(ちなみにこれまでに覚えたコードは
メジャーが長3度+短3度
マイナー短3度と長3度
…という組み合わせだったのです)





日常耳にする音楽の中では
dimが圧倒的に多いです。

どちらも短3度って緊張感ありまくりで
不安感を煽る感じ。
昔のサスペンス系のドラマでは
効果音として
出て来ることもありました。


(最近、効果音のあるドラマを
観た記憶がなくて
今もあるかも?ですが)



augは長3度の積み重ねで
ふわっと宙に浮いたような響き。


リトミックの活動で
宇宙っぽいことをする時にaugや
「ドレミ#ファ#ソ#ラ」という
全音音階を使ったりしています。




保育士試験にはどちらも
満遍なく出題されているので
両方しっかり
理解しておく必要があります
(出なかった年もありますが)




いつもの様に音名で整理しますね。
(ここから文字左揃え)
↙↙↙



音程の仕組みから覚えやすいのは
aug

Caug…ドミ♯ソ

D♭aug…♭レファラ

Daug…レ♯ファ♯ラ

E♭aug…♭ミソシ

Faug…ファラ♯ド

G♭aug…♭ソ♭シレ

Aaug…ラ♯ド♯ミ

B♭aug…♭シレ♯ファ

(出たらビックリするけど)
C♭aug…♭ド♭ミソ







そしてdim

わかりやすい形は
Bdim…シレファ


そして
Cdim…ド♭ミ♭ソ

C♯dim…♯ドミソ

Ddim…レファ♭ラ

D♯dim…♯レ♯ファラ
(E♭dim…♭ミ♭ソ♭♭シ)

Edim…ミソ♭シ

Fdim…ファ♭ラ♭ド

F♯dim…♯ファラド

Gdim…ソ♭シ♭レ

G♯dim…♯ソシレ

Adim…ラド♭ミ

A♯dim…♯ラ♯ドミ


ややこしいので
試験に出そうなコードをピックアップ

ラインを付けました。



dimとaugは、いつものトレーニング問題では
勉強しにくいので
又何か他の方法を考えてみようと思います。



最後までお読み下さりありがとうございました♪



関連記事

| りとみこ保育士試験対策ブログホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

▲TOPへ